MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない

10/14(金)東京・大阪・名古屋で先行公開

10/28(金)より全国順次公開

絶望と希望の月曜日が 押し寄せる!

月曜日の朝。
プレゼン資料の準備で忙しい中、主人公が後輩2人組から

「僕たち、同じ一週間を
繰り返しています!」

と報告を受けるシーンからこの物語は始まります。

小さなオフィスで起きた、
"社員全員タイムループ"。

ひとり、またひとりと、タイムループの中に
閉じ込められているのを確信していきます。
「もう仕事なんて放り出してしまいたい」
「新しいスキルを身につける、いい機会かも?」
「仕事をうまくいくまで繰り返して、
最高の状態で転職してやる!」
それぞれの様々な思惑が交錯しながら、
繰り返される地獄の一週間。
しかし、タイムループ脱出の鍵を握る肝心の部長は、
いつまで経っても気づいてくれなくて……。

主人公・吉川朱海を演じるのは、
新進気鋭の若手女優・円井わん。
共演は、芸人から執筆活動と
多才なキャリアをみせるマキタスポーツ。
初の劇場映画『14歳の栞』がロングランヒットを記録した、
監督・竹林亮の2作目となる本作。

身近で共感あふれる新感覚
オフィス・タイムループ・ムービー。

CAST

吉川朱海 役
円井 わん

1998年1月3日生まれ。大阪府出身。
映画『獣道』(17)でスクリーンデビュー。ABEMATVドラマ「ブラックシンデレラ」(21)で初のレギュラー出演、映画『KONTORA-コントラ』(21)で初主演を務めた。ほか近年の出演作に、NTVドラマ「バンクオーバー!史上最弱の強盗」(21)、『鳩の撃退法』(21)、『DIVOC-12』(21)、Amazon Prime Video「ショート・プログラム-ゆく春」(22)、ABEMAドラマ「ANIMALS‐アニマルズ‐」(22)などがあり、活動の幅を広げている。

永久茂 役
マキタスポーツ

1970年1月25日生まれ。山梨県出身。
芸人・ミュージシャン・文筆家・俳優。
俳優としては映画『苦役列車』(12)で第55回ブルーリボン賞新人賞などを受賞。近年では『劇場版 きのう何食べた?』(21)、『前科者』(22)など多くの出演作がある。また"音楽"と"笑い"を融合させた「オトネタ」を提唱し、各地でライブ活動を行う。独自の視点をいかした執筆も多く、著作には「一億総ツッコミ時代」、「すべての J-POP はパクリである」などがあり、2022年には初の自伝的小説「雌伏三十年」を上梓している。

  • 遠藤拓人 役
    長村航希

    1994年生まれ。愛知県出身。2003年に劇団四季「ライオンキング」ヤングシンバ役でデビュー。主な出演作に、ドラマ「ゆとりですがなにか」(16)、「詐欺の子」(19)、「呪怨:呪いの家」(20)、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(21)、「ムショぼけ」(21)、映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(15)、『闇金ドッグズ9』(18)、『サイレント・トーキョー』(20)、『無頼』(20)などがある。長村航希製作・主演で、2022年8月より『キャンセル兄ちゃん』(三澤拓哉監督)が公開。

  • 村田賢 役
    三河悠冴

    1994年2月2日生まれ。千葉県出身。
    2012年に俳優デビューし、映画作品を中心にテレビドラマ、CM、舞台など多岐な分野に渡って出演。
    近年の主な出演作に映画『悪の教典』(12)、『暗殺教室』(15)、『秘密 THE TOP SECRET』(16)、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(16)、『帝一の國』(17)、『高崎グラフィティ。』(18)、『おいしい家族』(19)、『under your bed アンダーユアベッド』(19)、『佐々木、イン、マイマイン』(20)、『さかなのこ』(22)、など。舞台「ヒッキー・カンクーントルネード」(21)には飛美男として出演。

  • 森山宗太郎 役
    八木光太郎

    1986年10月2日生まれ。静岡県沼津市出身。ポエプラス所属。
    演出家 危口統之、ダンサー 伊藤キムに師事。 日本劇団協議会機関紙「join」88号特集記事「私が選ぶベストワン2016」において、批評家/高橋宏幸氏のベスト1俳優に選出される。
    舞台を中心に活動していたが、映画『宇宙人の画家』(22)をはじめ、映像作品、広告など、活動の幅を広げている。主な舞台出演作品として、ハイバイ「夫婦」(18)、東京演劇道場「⾚⻤」(20)、東京芸術劇場30周年記念公演「真夏の夜の夢」(20)、第19回AAF戯曲賞受賞記念公演「ねー」(21)、明日のアー「そして聖なる飲み会へ」(21)、画餅「サムバディ」(22)などがある。

  • 平一郎 役
    髙野春樹

    1979年生まれ。熊本県出身。
    「THE WINDS OF GOD」をはじめ様々な舞台を経験。その後、映像へと活動の場を広げる。短編作品「かぞく」 で映画デビュー。その後、『ケンとカズ』(15)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)、『Pure Japanese』(22)などに出演。2022年7月公開映画『OLD DAYS』においては2019門真国際映画祭にて最優秀助演男優賞を受賞。

  • 神田川聖子 役
    島田桃依

    1982年3月3日生まれ。栃木県出身。2004年に「庭劇団ペニノ」公演で初舞台を踏む。
    その後、様々な舞台に出演する。2010年、劇団「青年団」に入団、現在も劇団員として活動中。
    近年の主な出演作に、舞台「続・時をかける少女」(18)、「蛸入道 忘却ノ儀」、「石橋けいのあたしに触らないで!」(20)、「虹む街」、「コントロールオフィサー」(21)、テレビ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」、「あいつが上手で下手が僕で」(21)、映画『友だちのパパが好き』(15)、『鈴木家の嘘』(18)、『ハード・コア』(18)、『エキストロ』(19)、『犬部!』(21)など。

  • 崎野雄大 役
    池田良

    1978年1月27日生まれ。愛知県出身。大学卒業後、ビジネスコンサルタントとしてアメリカで勤務した後、27歳で俳優を志し退職。アメリカのステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティングに2度の留学を経ながら、数々の舞台・ドラマ・CM等に出演。2015年、『恋人たち』で第30回高崎映画祭 優秀新進俳優賞を受賞。主な近年の映画出演作に、『ミッドナイトスワン』(20)、『さんかく窓の外側は夜』(21)、『花束みたいな恋をした』(21)、『由宇子の天秤』(21)、『マイライフ、ママライフ』(22)、『Sexual Drive』(22)、『マイスモールランド』(22)などがある。

  • 木本貴子 役
    しゅはまはるみ

    1974年9月生まれ。東京都出身。
    高校より芸能活動を始め、小劇場を中心に地道に俳優活動を続けながら、上田慎一郎監督作品『カメラを止めるな!』(18)で、主人公の妻・日暮晴美役を演じ大ブレイク。第28回東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞。その後も自身の初主演映画『かぞくあわせ』(19)、映画『犬部!』(21)、『幕が下りたら会いましょう』(21)、『アリスの住人』(21)、ドラマ「家政夫のミタゾノ」、NHK朝ドラ「スカーレット」などの映像作品や舞台「あの子より、私。」(22)、「きっとこれもリハーサル」(22)など、幅広く活躍中。

STAFF




  • 1984年、神奈川県出身。コマーシャル、YouTubeオリジナルコンテンツの制作会社を経て、2016年より独立し、CHOCOLATE Inc.に所属。時代を問わない普遍的なストーリーをもつ、あたたかな映像作品を得意とし、現在はコマーシャル、YouTubeコンテンツ、リモート演劇、映画等、表現は多岐にわたる。
    監督・原案・共同脚本を務めた、あさぎーにょ主演のYouTube短編映画「ハロー!ブランニューワールド」(動画名:もう限界。無理。逃げ出したい。)は国内外で5000万回以上再生され、多数受賞。すべての工程をインターネット上のみで仕上げたリモート演劇「Bestfriends .com」はメディア芸術祭の審査員推薦作品に選出された。
    また、2021年3月には青春リアリティ映画「14歳の栞」が公開。1館からのスタートだったが、SNSで話題となり36都市まで拡大した。






  • 取材、エッセイ、ショートストーリー、書籍、脚本、コピーライティングなど、活動は多岐に渡る。スターバックス、日比谷花壇、新宿ISETANとのコラボ小説や、 ソーシャルドラマ『水曜日22時だけの彼』、『実験都市DIVER CITY』の脚本等、 ストーリーコンテンツを得意とする。共同脚本脚本を務めた、あさぎーにょ主演のYouTube短編映画「ハロー!ブランニューワールド」(動画名:もう限界。無理。逃げ出したい。)は、国際短編映画祭ブランデッド部門にて優秀賞を受賞。同じく共同脚本を務めた、リモート演劇「Bestfriends .com」はメディア芸術祭の審査員推薦作品に選出された。
    著書に『今日は、自分を甘やかす(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』、 『口説き文句は決めている(クラーケン)』、『揺れる心の真ん中で(幻冬舎)』他。

STORY BY

TAKE C

いつの間にか心が救われているような、
あたたかな体験を。

情報が溢れ、心が擦り切れそうになる現代に、普遍的なメッセージを良質な物語に添えて届けたい。
私たちの創る物語が心を救い、それがやがて連鎖し社会を少しだけあたたかくしたい。
そんな想いを込めた、監督・竹林亮と脚本家・夏生さえりが中心となるストーリーチーム。

これまでの共作に、SSFF&ASIA 2020 部門別大賞を獲得したYouTube短編映画『ハロー!ブランニューワールド』(動画名:もう限界。無理。逃げ出したい。)や文化庁メディア芸術祭第24回審査委員会推薦作品『Bestfriends.com』などがある。

THEME SONG

「WORLD’S END」
(BOOTROCK Inc.)
主題歌を担うのは、常に進化し続け、2022年度内に新体制での始動を計画しているヒップホップ・アイドル・ユニット・lyrical school。主題歌の「WORLD'S END」をはじめ、駆け抜けていくような刹那的な楽曲たちが作品を彩ります。
聞き込んでみると、実は楽曲の歌詞とストーリーがリンクするような部分も。

COMMENTS

  • 時代はもう令和で、僕たちも相当〝タイムループ耐性〟はできているはずだ。それでもこの予想のできない展開とテンポの良さに、〝タイムループ慣れ〟した人もきっと心地よい〝タイムループ酔い〟を味わうことができるだろう。…あと、これは言うのちょっと照れくさいんですが、鑑賞後、無性に机に向かいたくなりました。

    宮川サトシ (漫画家)
  • 「働く人あるある」が散りばめられたコミカルかつテンポの良いストーリーに、ポップで可愛らしい演出が光る作品……と思いきや、噛めば噛むほど味わい深い1本。見終わると「私も何かを作りたい」という前向きな創作意欲が湧く、ビタミン剤のような効能があります。
    忙しさにかまけて忘れていたピュアな気持ちを思い出しました。

    嘉島唯 (ライター)
  • タイムループ!お仕事讃歌!働く人&映画あるある!無駄にキレのいいアクション!
    夢と現実!ギャグ!人生の葛藤!
    まさにアイデアとエモのマシンガン!蜂の巣にされました!作んの楽しかったろうなあ...チクショー!嫉妬しちゃう!

    高野水登 (脚本家)
  • 忙しすぎて「あれ?これループしてない?」と誰もが思ったことのある激務あるあるを飛躍させて一本の映画にしてしまう凄さ。
    絶望的な状況を打破するため仲間を増やしながら前に進んでいく社員達の姿は勇者かと思ったし、最終的には世界を危機から救った感すらあった。何かに全力な人間は最高に格好良いと思わせてくれる映画。

    かんそう (ブロガー・ライター)
  • 時代はもう令和で、僕たちも相当〝タイムループ耐性〟はできているはずだ。それでもこの予想のできない展開とテンポの良さに、〝タイムループ慣れ〟した人もきっと心地よい〝タイムループ酔い〟を味わうことができるだろう。
    …あと、これは言うのちょっと照れくさいんですが、鑑賞後、無性に机に向かいたくなりました。

    宮川サトシ (漫画家)
  • タイムループ!お仕事讃歌!働く人&映画あるある!無駄にキレのいいアクション!
    夢と現実!ギャグ!人生の葛藤!
    まさにアイデアとエモのマシンガン!蜂の巣にされました!作んの楽しかったろうなあ...チクショー!嫉妬しちゃう!

    高野水登 (脚本家)
  • 「働く人あるある」が散りばめられたコミカルかつテンポの良いストーリーに、ポップで可愛らしい演出が光る作品……と思いきや、噛めば噛むほど味わい深い1本。見終わると「私も何かを作りたい」という前向きな創作意欲が湧く、ビタミン剤のような効能があります。
    忙しさにかまけて忘れていたピュアな気持ちを思い出しました。

    嘉島唯 (ライター)
  • 忙しすぎて「あれ?これループしてない?」と誰もが思ったことのある激務あるあるを飛躍させて一本の映画にしてしまう凄さ。
    絶望的な状況を打破するため仲間を増やしながら前に進んでいく社員達の姿は勇者かと思ったし、最終的には世界を危機から救った感すらあった。何かに全力な人間は最高に格好良いと思わせてくれる映画。

    かんそう (ブロガー・ライター)